お問い合わせ

SCM材について

機械構造用合金鋼の一つで、通称、「クロモリ」もしくはクロモリ鋼と呼ばれる材料です。クロム鋼にモリブデンを入れて改良されたもので、SCr材よりもさらに焼入れ性に優れています。焼戻しに対する抵抗、機械的性質が優れているほか、靭性もあるため、自動車部品、ボルト、ナット類にも使われます。500℃前後の高温下でも強度が低下しにくいといわれる材料で、高温高圧が前提となる箇所に使われることもあります。

クイック見積・お問い合わせ

掲載している以外のノウハウもございます。
SCM材の加工については、弊社にお問合せください。

SCM435とは

SCM435は炭素量0.33~0.38%程度のクロムモリブデン鋼で、降伏点は概ね785以上、引っ張り強さ930以上の鋼です。クロモリ鋼の中では比較的高めの機械的性質を持ちます。炭素量の含有量はわずかの違いでも機械的特性に影響を及ぼします。

SCM440とは

SCM440はクロモリ鋼のうち、比較的硬めの鋼種です。降伏点は835以上、硬度285から352程度の数値を示し、キルド鋼から圧延・鍛造されて作られます。鋼材の加工難易度は、研削や研磨の場合、粘りの有無が影響してきます。硬いだけであれば、比較的簡単に加工は可能です。

切削性

SCM435、SCM440共に、フライス加工、旋盤加工において切削性は優れます。

焼入れ

焼入れ性は良好である。焼き入れの種類は、高周波焼入れ、無酸化焼入れなどがある。

加工性

加工性は良い。また仕上げ面がきれいである。

コストカット

ある程度の硬度が欲しいが、調質では硬さが足りない場合、SCM系で、PX5やHPM7などのプリハードン鋼(HRC30)を使用することで熱処理が省ける。

調質・調質材

SCM435、SCM440共に調質材があります。硬度はHRC23~25程度です。

被削性

SCM435、SCM440ともに被削性は良好です。仕上げ面もきれいに仕上がります。

溶接性

アルミやチタンと比較した場合、溶接性は優れます。

研削加工・研磨加工

SCM435、SCM440共に、粘りのある材質だが、CBNホイール研削砥石、もしくはWA系の研削砥石を使用するのが一般的である。

ミガキ材・精度

SCM435のミガキ丸棒の精度は外径公差h9です。

掲載している以外のノウハウもございます。SCM材の加工については、弊社にお問合せください。

ワーク1個からご対応!
私たちのお約束「私たちのモットーは親切、品質、短納期」

ワンオフパーツの金属加工、部品加工お任せください。
ワンオフ部品や、試作品づくりでお困りのかたは是非お問合せ下さい。

TEL:0774-28-0202/D-FAX:020-4662-0905

なお、D-FAXで送れない場合は0774-20-4652までお送り下さい。(定休日:土日祝)

お問合せフォーム
FAXオーダーシート